NO MORE NUCLEAR

We've had already enough
南相馬の復興
    原発はもういらない。南相馬市は必ず復興する
Home » カテゴリ '運営日誌' (ページ 4)

4/15 全国からのボランティアの方々

2011 年 04 月 15 日 カテゴリ:運営日誌

事務局の山下敏義です。

今日も全国各地から駆けつけた多くのボランティアの方々が南相馬市で活躍されています。

全身泥まみれになりながら鹿島区での泥出し作業を行っていただいた方々です。

こちらは尾関さん、豊田市からはるばる来ていただいております。

岩手県、宮城県でも多くのボランティアを募集しています。
その中で、現在放射能のリスクがある「南相馬市」にわざわざ駆けつけてきて頂いているわけです。

本当にありがたいことです。
「感謝」という言葉では表しきれません。


全壊をまぬがれたお宅でも大量の泥が家の中に入ってしまっています。


(許可をいただき掲載しております)

塩水・泥がかかってしまった、思い出のお洋服、着物、家具、記念品を自らの手ですべて捨てていく作業も、大きな悲しみが伴います。

今日もつぶやいておきたいと思います。

全国の皆様のお力、ご支援をいただきながら、

「南相馬市は必ず復興する」

言霊を信じましょう。

4/14 南相馬市 桜開花

2011 年 04 月 14 日 カテゴリ:運営日誌

事務局の山下敏義です。

南相馬市の北側に隣接する相馬市では、多くのお店が開いています。

マックもかなり賑わっています。

生鮮食品を求め原町区からも多くの人が買い物に来ているようです。
6号線沿いのジャスコは閉まっていますが、ヤマダ電機、カインズホーム、かっぱ寿司など多くのお店が開いています。

相馬市の6号線沿いはいつもの日常と変わらないように見えます。

南相馬市では今日も遺体の捜索が進められています。

ご家族のもとに早く帰れることをお祈りいたします。

右田浜付近にはがれきが集められています。

真野川の一番下の橋です。

原町区夜の森公園では桜がきれいに咲き始めています。

絶好の花見日和ですが、今はぐっとがまんするしかないですね。
桜は来年も再来年も咲いてくれます。

4/13 南相馬市鹿島区 復興に向けて

2011 年 04 月 13 日 カテゴリ:運営日誌

事務局の山下敏義です。

南相馬市の北側の地区である鹿島区では、ガレキ撤去および泥出し作業が開始されています。

圧倒的に人手がたりません。
多くの水分を含み、固まった泥の排出は容易ではありません。

重機と動かせるオペレータの方の必要性を強く感じます。

南相馬市災害ボランティアセンターでボランティアの受付を行っています。
0244-24-1877

ご自身の食料と宿泊場所の確保ができる方、よろしくお願いします。

全国各地から多くのボランティアに来ていただいております。
車泊されている方、名古屋、福岡などの遠方から来ている方。

静岡から原付で来た方もいるというお話も聞きます。

ありがたいことです。



鹿島区6号線沿い 鹿島区では津波が6号線を越えました

真野小学校から

烏崎から火力発電所方面

烏崎から鹿島区街中方面1

烏崎から鹿島区街中方面2

4/12 テラベクレル

2011 年 04 月 12 日 カテゴリ:運営日誌

事務局の山下敏義です。

余震が続く中、今日は福島原発事故のレベルがチェルノブイリ事故と同じレベル7に引き上げられました。

「これまで放出された放射性物質の量について、保安院は37万テラベクレル、原子力安全委員会は63万テラベクレルと推定。」

と発表されていました。不安をあおっても仕方ないのですが、麻痺しないために冷静に単位を確認しましょう。

37万テラベクレル = 370,000,000,000,000,000 ベクレル
63万テラベクレル = 630,000,000,000,000,000 ベクレル

今日も高平小学校にシャベル、一輪車、チェーンソーなど多くの復興支援物資が届いていました。
北に位置する鹿島区ではガレキ撤去、家屋の泥出し作業が進められています。
ただし、小高区、原町区では放射能の影響でまだまだ本格的な復興作業に入れないのが現状です。

鳥がまったくいないですね。
どこにいってしまったのでしょう。

萱浜地区
浜高等技術専門校を海に向かって進んだところです。

萱浜の高圧線

Vショップから北泉へ向かう道路 1

Vショップから北泉へ向かう道路 2

北泉駐車場付近

北泉から街側に向かって

Tシャツをご注文いただいたみなさまへ

2011 年 04 月 11 日 カテゴリ:運営日誌

No More Nuclear事務局の上田です。

Tシャツをご注文いただいたみなさま、誠にありがとうございます。
携帯のアドレスをご登録いただいた方でドメイン指定等の設定により
確認メールが送れないケースがございます。

確認メールが一週間以上届かない場合は、何らかの原因でメールが
送れない状況にあると思われます。
『info@nomorenuclear.net』からのメールを受信可能にしていただき、
再度メールをいただけると助かります。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

4/11 地震から一月

カテゴリ:運営日誌

4/11 南相馬市 曇りのち不純物を含んだ雨

事務局の山下敏義です。

日本、世界各地から多くの支援物資をいただきありがとうございます。
本日は衣服のご提供に関してお願いがあります。

かなり着古されたお洋服、汚れが付いているお洋服が多数届いています。
運搬にガソリンを消費し、仕分けに多くの人を割き、結果として被災地の南相馬で廃棄処分を行うという残念な結果となってしまっています。

今日もご送付いただいた3-4割のお洋服の廃棄作業をせざるを得ませんでした。

下の写真が廃棄処分した衣類の一部です。

衣服に関しては新品もしくは新古品のみのご支援がいいと思います。


サンライフでたまたま中学時代の部活仲間に6-7年ぶりに偶然再会しました。
「津波で家の基礎しか残ってないよ」と笑ってました。


地震から一月ですが、南相馬市は大きな余震が続いています。

大きな揺れがありました。
「地震で保育園の園児が外に避難したら、放射能の雨が降っていた。」という話を耳にしました。
わらえません。

屋内退避で人が生活するなんて可能なんでしょうか?

今日もつぶやいておきましょう、
「南相馬市は必ず復興する」

4/10 上野での募金活動報告

2011 年 04 月 10 日 カテゴリ:運営日誌

No More Nuclear事務局の上田です。

本日、上野公園で支援Tシャツの販売及び募金活動を行いました。

手伝っていただいた方、Tシャツを購入していただいた方、募金をしていただいた方、本当にありがとうございました。今日の活動結果は以下の通りです。

Tシャツ販売枚数・・・96枚
募金金額・・・・・・・・・62,971円

皆様から頂いた寄付金は、間違いなく南相馬市に寄付し、南相馬市の復興に役立てます。

PayPal 使用可能

2011 年 04 月 09 日 カテゴリ:運営日誌

海外からのご支援のお問い合わせをいただいています。
Tシャツの発送を行うことはできませんが、募金の受け付けを開始いたします。
通常の銀行振り込みだけでなくPayPalもご使用いただけます。
詳しくはinfo@nomorenuclear.netにメールでお問い合わせください。