NO MORE NUCLEAR

We've had already enough
南相馬の復興
    原発はもういらない。南相馬市は必ず復興する
Home » 運営日誌 » 第1回寄付報告

第1回寄付報告

2011 年 05 月 06 日 カテゴリ:運営日誌

南相馬市への寄付について、HP上で「南相馬市役所環境衛生課の武山健蔵を通じて寄付を行う」
と明記しておりましたが、現地では未だ福島第一原発収束の目処がたっておらず、連日一昼夜、
業務に忙殺されている状況です。

そのような状況を鑑み、現地での手を煩わせないため、南相馬市が受け入れを行っています「南相馬
市生活支援義援金
」の受付口座に振込で寄付することに致しました。
「南相馬市生活支援義援金」の主な使途は、被災者に生活支援として配布されるものです。

当初予定しておりました方法と異なる方法での寄付となることについて、お詫び申し上げます。
第一回の寄付内容は以下のとおりとなります。

****************************************************************************
≪平成23年4月28日振込≫    
 ①2011年3月11日~2011年4月18日までの募金分   1,566,290円
 ②Tシャツご購入分(1000枚分)               1,500,000円
   ※ご購入状況では1000枚を超えておりますが、未入金の方の数量も
     含まれておりますので、今回は1000枚分とさせていただきます。

                                計  3,066,290円

寄付(第1回)
****************************************************************************

次回の寄付は23年5月末を予定しております。
ご賛同、ご協力いただいた方々には厚く御礼申し上げます。
引き続き、募金、支援Tシャツの販売、情報提供等支援活動を行ってまいりますので
よろしくお願いたします。



2件のコメント : “第1回寄付報告”

  1. 斗和 より:

     小さい力が、大きい力になったことを誇りに思い、
    南相馬、福島が一日も早く復興することを、お祈りいたします。
    計画避難に一部入り、復興の足枷になるでしょうが、これからも私が出来る努力を続け。
    福島を、東北を応援していきます。
    運営者の方々、そして応援されている方々、これからも宜しくお願いいたします。

  2. 遠藤行信 より:

    実行力の中に意志の強さを感じます。同郷の人間として誇りに思います。私は実家と職場双方が30km圏内に入り、思うように動けません。勝手は1時間で行けたのに、今は中通り経由で4時間です。これも、飯館がまだ封鎖されていないからです。進入禁止になる可能性が極めて高いので
    海外旅行か?と思ってしまいます。
    仕事が落ち着いたら南相馬に帰って暮らそうと思っています。
    出来ることでしたら協力させて頂きます。頑張って下さい。

コメントをお寄せください。